大腸がん検診は延命に繋がる手段~ガンとの闘いのゴングが鳴る~

医者

すい臓がん治療をする

困る

すい臓がんは身体の仕組みから難しい場所にあるため、転移がない場合しか除去手術ができない。また、自覚症状が乏しいことから発見が遅れて転移していることも多いがんと言える。除去手術が可能でも、その後の副作用に注意すべきである。

詳しくはコチラ

難しいがん

医者

すい臓がんは主な初期症状に腹痛があり、気が付いた時には周辺臓器に転移しやすい特徴を持っています。腸などの臓器に囲まれているため治療が大変困難で、摘出手術と放射線治療、抗がん剤や免疫細胞による治療法を併用していきます。

詳しくはコチラ

発見の遅いガンの一つ

female

ガン患者は世界中に数多くおり、進行が早く転移してしまうと生存確率がグッと下がってしまう恐ろしい病気です。医療技術が確実に進歩している中、ステージ4という末期診断を受けた患者を救うまでには未だ至ってはおらず、早期発見・早期治療が命を繋ぎ止める有効な手段であることに変わりはないのです。ガンは発生場所を選ばないため、手術によって摘出できる場所にできるものもあれば、手術では到底排除できない場所に出来てしまうこともあります。その代表とも呼べる場所がすい臓です。すい臓は位置的に手術が困難な場所とされ、放射線治療と抗ガン剤治療が主体として適用されることが多いです。手術ができない一番の理由が、転移を起こしてしまいやすい特徴にあります。すい臓がんは自覚症状がないため、発見されたときには既に病巣が拡大し、転移している場合が多いのです。このように自覚症状が無いがんはほかにもあり、最近患者数を着実に増やしているのが大腸がんなのです。

大腸がんは進行が遅く、初期段階では発見が難しいガンです。ガン細胞が発生し、大腸の粘膜を超えて進行していくことで違和感や症状が表面化してくる厄介な面を持ち合わせています。血便や下血、便秘や下痢など、排便の変化は大腸がんの特徴的な症状なのですが、これらだけで見ると痔だろうと軽視する人も少なくありません。貧血や嘔吐、腹痛や腹部のしこりなど、明らかに痔ではないと分かる症状が起きて初めて病院に検査に行くケースも珍しいことではないのです。大腸がんは早い段階で発見し治療を開始すれば治すことができる病気です。そのため、毎年一回は大腸がん検診を受けることが大切なのです。特に50代以上の男性に患者が多いこともあるため、会社の健康診断や自治体が推奨している検診、人間ドックなどを行ない、ガン細胞が発生していないかを調べましょう。最初の検診は問診や便潜血などの簡単なものです。そこで陽性反応が出た場合は精密検査を受けるといった流れなので、躊躇せずに必ず受けるようにしましょう。

副作用の無い治療

女性

外科手術や投与治療等、様々な方法があるがん治療ですが、近年は副作用の無いNK細胞療法が人気があります。NK細胞療法は3カ月で治療が終わるため日常生活に支障をきたさず、外科手術では無いため体の負担も少ないのが魅力です。

詳しくはコチラ